グランピングの採択事例

ワーケーションに活用

トレーラーハウスを活用

森を丸ごと貸し切り

事例1 グランピングを楽しみながら仕事ができるワーケーションのための本格施設を設けて、ワーケーション事業に挑戦する。ゴルフ初心者や子供を対象に、ゴルフ場併設のゴルフ練習場を改修し、ゴルフアカデミー事業を開設する。

 

事例2 森を丸ごと1日1組限定の貸切グランピング施設と、海と山に囲まれた「いすみ市」の特性を活かし地元業者と連携したアウトドア体験施設を作ります。プライベート空間で周りに気兼ねなく滞在でき、子育て家族やワーケーションの活用と、地域活性に繋げます。

 

事例3 既存の高齢者層や新婚旅行客に人気のある利便性の高い立地条件の宿泊施設にプラスして新たに環境意識の高い30~50代の自己投資を好む層に対し、世界自然遺産の森にトレーラ―ハウスを利用したグランピング施設を新設する。

 

次の文字をクリックしてご覧ください。

事業構築補助金の公募要領

 

体験型のグランピング事業

限界集落の既存コテージを活用

遊休地を活用してグランピング事業

事例4 越前加賀海岸国定公園エリアの、日本海の海岸段丘や海食崖等の変化に富んだ海岸線が連なる自然の景勝地を活用したグランピング施設の運営。グランピング施設の開設数が少ない北陸地域において、東尋坊の柱状節理と越前岬周辺の海岸段丘や呼鳥門などの奇岩を楽しめるアクティビティや海産物などの魅力を積極的に発信し、IT化管理×3密回避×環境やさしいアウトレジャー施設で、地域密着型で地元事業者と連携する予定。

 

 

事例5 女性起業家(こだわりのわさび専業農家)が、得意先旅館・飲食店等のコロナ禍による需要減の影響を受けた。コロナ禍で西伊豆に来る観光客が属性変化したことを踏まえ、わさび田を活かしたコト体験グランピング事業を立ち上げる。

 

 

事例6 限界集落の既存コテージをリゾートグランピング施設へとリブランディングし、宿泊やワーケーションを通して地域文化を継承・再構築し後世に伝える機会を創出します。加えて、両方の市場を獲得し、稼働率を向上させます。

 

 

事例7 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で旅館・飲食部門の業績が大幅に悪化した。そこでコロナ対策が取りやすく密が避けられる、自社保有の遊休地5,000坪を活用したグランピング事業に進出し、業績のV字回復を図る。

 

 

Access

認定経営革新支援機関でもある税理士事務所として福岡エリアで迅速にサポート

概要

店舗名 まちかどの税理士/油布 寛
住所 812-0016
福岡県福岡市博多区博多駅南2-10-9
SDマンション博多駅南703号室
電話番号 092-409-9434
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日※定休日でも相談可能です。
略歴 大分県立竹田高等学校卒業
九州大学経済学部卒業
福岡国税局採用
九州北部税理士会所属税理士
日本生命相続セミナー
資格 税理士(日米)
米国公認会計士
CFP(上級ファイナンシャルプランナー)
相続手続きコンサルタント

アクセス

会計や税務、財務などに関するお悩みやご要望を丁寧にお伺いし、ニーズに合わせてコンサルティングいたします。博多区の便利な立地に事務所を構えており、ご依頼に合わせて軽いフットワークで対応しますので、いつでも気兼ねなくお問い合わせください。
Contact

お問い合わせ